商売人にとっての「何を売るか?」とは

商売人にとって「何を売るか?」は、
「何が喜ばれるか?」と同義語。

実際ボクも商売の何たるかを分からず商売を始めたものの、
今も変わらず続けられているのは、
直観的に「喜ばせると儲かる」という認識があったおかげです。

コネが無くゼロから始めた自分は、
全て新規営業ですから、
これならお客さんにメリットあると
胸を張れるものを用意しなきゃならなかったのです。

しかも、たった一人の会社で看板もないわけなので、
ちょっとやそっとのメリットじゃ響かない。

「お客様のために」

この言葉は綺麗事のようですが、
裏を返せば、
儲かって良い暮らしを続けたい意思でもあるんです。

何とか生き残りしばらくしてから、
ほとんどの商売人も
この考え方に行きつくと知りました。

商売人というとガメついイメージもありますが、
確かにそうなのですが、結構世の中にとって役立つ事をしているんですよ。

 


Comments

comments