商売に役立つ呪文「AIDMA(アイドマ)」

営業やマーケティングに関わった人なら
一度は聞いた事があると思うAIDMA(アイドマ)

消費者の行動プロセスの英単語の頭文字を取っています。

  1. Attention(注意) ・・・ 商品に注目する
  2. Interest(関心) ・・・ 商品に興味を持つ
  3. Desire(欲求) ・・・ 商品が欲しくなる
  4. Memory(記憶) ・・・ 商品を今度買おうと記憶する
  5. Action(行動) ・・・ 商品を買う

これをどうやってマーケティングに転換するかというと

  1. Attention(注意) ・・・ 目立つ努力 → 目立つ広告、ローラー営業
  2. Interest(関心) ・・・ 親近感を持ってもらう努力 → ライティング、デザイン
  3. Desire(欲求) ・・・ 所有時のメリットを明確にイメージさせる努力 → ライティング、デザイン
  4. Memory(記憶) ・・・ 商品名、どこで買えるかを知ってもらう努力 → ブランディング
  5. Action(行動) ・・・ 買いたくなったら、いつでもどこでも買える努力 → 流通戦略

なんで、世の中、商社とか全国チェーン店が強気になれるか、というと
5 Action(行動)の部分で絶対手を組まざるを得ないからです。
マーケット(消費者)との接点だからです。

AIDMA(アイドマ)から派生してAISASなど色々とマーケティング用語が出てきていますが、
マーケティングは、こうすれば買ってもらえるという「仮説」を試す作業なので、
「仮説」を組み立てる上で凄く役立つ指標になると思います。

また、第三者を巻き込む上でとても説得力を付けれる考え方なので、
チームを動かせる「呪文」ともいえます。


Comments

comments