商売に欠かせないマーケティング

マーケティングって何?
と聞かれて困惑する人は少なくないと思います。

平たく言えば、
売り込まなくても買ってもらえる仮説を考えて試してみる作業
です。

売り込まなくてもとはいっても
「買ってもらえる」状況を向上させるなら、
訪問営業するのも電話営業するのもマーケティングです。

ただ、短期的な数字責任を持たせる
昭和的な根性営業とは少し違う気はします。

マーケティングの中の営業はあくまでツール。
その場では売れなくても良いから、
淡々と必要な人を見つけていく感じで数をこなせば良いと思います。

淡々とはいっても
「売る」姿勢でマーケットと触れる事で、
気付ける事は多いものです。

マーケティングの中心となる人は
定期的に新規営業しても良いんだと思います。
新規営業は売買の緊張がある中での「取材」だとよく感じます。

「取材」で得た情報を元に商品の提案資料の構成を変えたり、
商品開発部にフィードバックしたり、
求められている層を仮説立てしたりなど、
自然とマーケティングの方面に頭が回転します。

「広告」もマーケティングの代表的なツールですよね。
「何の商売をしているか一発で分かる看板」も「広告」で「マーケティング
「雑誌」や「チラシ」、「WEB」などのメディアで自己PRするのも「広告」で「マーケティング

他には「口コミ」もマーケティングだし、
「商品を一種類でなく複数用意してみる」のもマーティングで、
「市場調査」もマーケティング。
ABC社といえば高品質!と洗脳する「個性(ブランド)」戦略もマーケティング。

賛否両論あるかもしれませんが、
「政治」を動かすのもマーケティングだと思いますし、
「株主」という運命共同体を作って協力者を作るのもマーケティングだとも思います。

商品やサービスに親近感をもってもらうよう
ロゴやキャラクターを作るのもマーケティングだし、
そのキャラクターをどの場所でPRさせるかも重要なマーケティング。

昨日買う気がなかったものが、
今日、無性に欲しくなるなど、
マーケットというものは「時代」ごとではなく、
「日」ごと「時間」ごとに変化する生き物。

こうあるものだ、こういうものだ、と定義化しつつも、
それにこだわりすぎずに、
自由な発想で新しい仮説にチャレンジする姿勢が必要です。

▼マーケティングに関わる推奨記事
「いいものをつくれば勝てるという考えは間違っている。顧客を知ることも大切です」


Comments

comments